yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

これはうまい!山形漬物土産に【おみづけわさび】


スポンサードリンク

山形を代表する郷土漬物【おみ漬】。そのおみ漬をアレンジした山形土産の代表格【おみづけわさび】のご紹介です。

 

おみ漬とは

そもそもおみ漬とはどんな漬物か。山形県内のスーパーやお土産やさんでは必ず売られているおみ漬。特に山形南部や内陸部でよく食べられている山形を代表する郷土漬物です。

刻んだ葉物野菜に人参や大根を入れて漬け込んだもので、それだけで食べても十分に美味しいのですが、地元では納豆に混ぜ込んで食べるのが定番。綺麗なグリーンは食卓を鮮やかにもしてくれます。

f:id:yazuya36:20190616092616j:image

特徴的なのが使われている葉物野菜。これは青菜【せいさい】という主に山形県米沢市で栽培される野菜で、超巨大な小松菜のような見た目。元々肉厚な茎だけを食べるための野菜として栽培され、葉の部分は捨てていたそうですが、その光景を見た近江商人が『もったいない!』と葉の部分を刻んで漬けたことが始まりと言われています。このように【近江商人】が考えたので【おみ漬】という名になったという説と、野菜をよく揉んで漬けることから【揉み漬】がなまって【おみ漬】と名になったという説があります。

それにしても昔の人は、近江からはるばる山形まで一体何日かけて来ていたのかと感心してしまいます。

 

おみづけわさび

おみ漬は数年前に全国放送のテレビで紹介されてから一躍有名となり、知っている方、召し上がられた方も多いかもしれません。今回山形県民として是非ご紹介したかったのが、おみ漬をアレンジした【おみづけわさび】。(写真手前)

f:id:yazuya36:20190616104350j:image

山形県東置賜郡高畠町にある老舗漬物屋【三奥屋(みつおくや)】が出している商品で、数々の受賞を果たしています。三奥屋のオーソドックスなおみ漬もとっても美味しくおすすめ。また、おみ漬を昆布で和えたおみ漬こんぶ(上写真の右)も人気商品です。

おみづけわさびは、おみ漬をそのままわさび漬けにしたもので、使用しているわさびも酒粕オール山形産ツーンと抜けるわさびの風味と、青菜とわさび茎のシャキシャキ食感のマッチがくせになる絶品!!ちょっと塩気多めで濃い味がまた良い!かまぼこにのせてオカズの一品に、またクラッカーにのせて洋風おつまみにしても美味しいですよ。

価格は税込432円とお手頃。この価格でこのクオリティーのお土産はなかなか他にありません。県外の知人に手土産として渡したところ、その味がすっかりクセになったようで毎回おねだりをされています。笑

f:id:yazuya36:20190616110521j:image

買える場所

おみつけわさびは県内スーパーでは買う事ができず、お土産屋さんに並ぶ商品です。中でもストックが多いお店をご紹介します。

◯ぐっと山形山形市

蔵王山麓に位置する県内最大の物産館

HP:やまがた物がたりウェブサイト

◯上杉城史苑米沢市

上杉神社に併設したお土産処

HP:上杉城史苑 | 米沢 味・技・心のコミュニティパーク

◯よねおり観光センター高畠町

主に置賜地方の産物を揃える観光センター

HP:よねおりかんこうセンター

◯三奥屋公式通信販

要冷蔵なので、夏はネット注文が便利かも?

HP:みちのく・山形のお漬物 - 晩菊本舗 三奥屋

 

おわりに

いかがでしたか?山形土産に最適な絶品漬物【おみづけわさび】。是非一度試してみてくださいね。山形県民として太鼓判を押す商品です!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村