yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

福島のイギリス【ブリティッシュヒルズ】でアフタヌーンティー


スポンサードリンク

福島県羽鳥湖近くにある【ブリティッシュヒルズ】。パスポートがいらないイギリスと言われているだけあり、プチ海外旅行気分を味わうことができます。本場のアフタヌーンティーを味わってみたく、今回日帰りで行ってきました。

ブリティッシュヒルズとは

1994年、神田外語大学を運営する佐野学園が本格的なイギリス文化と語学研修を体験できる施設として設立しました。福島県の中心辺り、山の中にあります。7万3,000坪もの敷地内では公用語が英語。英会話レッスンや菓子作りレッスンなど、定期的に開催されている講座に参加するもよし。宿泊予約をして泊まりがけで楽しむもよし。パブやカフェだけに立ち寄り、イギリスの食事文化だけを楽しむこともできます。また、ウェディングや撮影に利用されることもあるそうです。

f:id:yazuya36:20190526163617j:image

 

マナーハウス

ドドーンとそびえ立つハリーポッター的な建物がマナーハウス。600円/1人でマナーハウスツアーというものが行われており、立派な建物内を英語または日本語で案内してもらえます。

f:id:yazuya36:20190526163623j:image

今回マナーハウスには参加せず、フリーで見学しました。内装は本場イギリスのインテリアを輸入しているとのこと。ヨーロッパの高級ホテルそのものの雰囲気です。
f:id:yazuya36:20190526163646j:image

王族ガード隊の制服がディスプレイされていました。子供の頃に思い描いていた兵隊そのもの。
f:id:yazuya36:20190526163629j:image

圧巻のディナー会場。ここもまたハリーポッターを連想させる空間ですね。ドレスコードがあり、本格的なコースディナーをいただけるそうです。記念日など特別な日のディナーにぴったりですね。
f:id:yazuya36:20190526163609j:image

 

街なみ

マナーハウスとは雰囲気が異なる、まるでピーターラビットの世界に迷い込んだような可愛らしい街並みを散策します。小川が流れ、緑が豊か。標高が高いので夏も涼しく、気持ちよく歩くことができます。

f:id:yazuya36:20190526171842j:image

看板犬のLOVE-chan(ラブちゃん)、とっても人なつこい女の子でした。ラブちゃんとは自由に触れ合ってOK。でも、ブリティッシュヒルズ内は残念ながらラブちゃん以外のワンコ立ち入り禁止です。
f:id:yazuya36:20190526171846j:image

 

アフタヌーンティー

イギリス国旗が掲げられたこちらのカフェ【アスコット】でお待ちかねのティータイムをとります。
f:id:yazuya36:20190526163638j:image

もちろん席までの案内や料理の説明は英語ですが、分からなければ堂々と日本語で聞いてしまって大丈夫です。日本語メニューもちゃんとありました。アフタヌーンティーだけだと物足りないかな?と思い、ハイティーをオーダー。お食事もデザートもお茶も一緒に楽しむハイティー

お食事系メニューが先に運ばれてきました。素材一つ一つも良かったですが、マスタードやドレッシングなどの調味料がとても美味しかったです。
f:id:yazuya36:20190526163601j:image

アフタヌーンティーは三段!!下からサンドイッチ、スコーン&キッシュ、ケーキ盛り合わせ。どれも美味しく、香りが深いアールグレイと共にゆっくり楽しみました。
f:id:yazuya36:20190526163613j:image

『お食事は多めに』というイギリス文化のもと量が考えられているそうで、大分ボリューム満点でした。ハイティー3,100円、お食事系メニュー無しのアフタヌーンティーは2,600円。

 

お店の内装もメルヘンで可愛すぎる!!ティーにちなんだ雑貨やお持ち帰りケーキなども売られています。
f:id:yazuya36:20190526163625j:image

【アスコット】以外には、ビールとビールにあわせたフィッシュアンドチップスなどのお料理が楽しめるパブ【ファルスタッフパブ】があります。
f:id:yazuya36:20190526163727j:image

 

ショッピング

お土産屋さん【イエショップ】では小物類からお菓子まで、様々な品が売られています。
f:id:yazuya36:20190526163635j:image

入り口からは想像できないほど中は広く、地下フロアまでありました。イギリス国旗を使った小物がたくさん!お手頃なお値段のものが揃っています。看板犬ラブちゃんのクッキーなど、ここでしか買えないオリジナル品もありました。なぜかここの店員さんは日本語でしたが、たまたまかな?

f:id:yazuya36:20190526163632j:image

 

おわりに

半日ほどで十分に楽しむことができるブリティッシュヒルズ。首都圏から車でも新幹線でも2時間半程。是非パスポートのいらないイギリスに行ってみてくださいね!

ブリティッシュヒル

住所:福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8 TEL:0120-131-386

営業時間:9:30〜18:00

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村