yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

山形県天童市の名店【腰掛庵】上品な本格わらびもち


スポンサードリンク

山形県天童市より、和菓子店【腰掛庵】のご紹介です。腰掛庵は、全国にファンがいる超人気店。食べログでの評価も高く、ひっきりなしにお客さんが入るため、確実に欲しい商品を買うには予約をしておくのがおススメ

 

将棋の街天童市のシンボル、舞鶴山の麓に【腰掛庵】はあります。Googleマップの事前リサーチによると住宅街の中にお店があるようで、駐車場の有無がわからず舞鶴山の駐車場から徒歩で向かいました。結果、お店の前がちゃんと駐車場になっておりガードマンまでスタンバイしていました。

 

引き戸を開け、靴を脱いで入店します。建物は築120年というから驚きです。

f:id:yazuya36:20190422122010j:image

 

和テイストの店内。ちょっと薄暗く雰囲気があります。

f:id:yazuya36:20190422122002j:image

 

奥には座敷のカフェスペースもありましたが、この日はテイクアウトのみの営業でした。土曜日の午後の到着、いくつか売り切れの商品があったので3日前に予約しておいて正解!

f:id:yazuya36:20190422122007j:image

予約購入したのは、わらびもち小箱、醸まん3つ、わらびまんじゅう3つ。それぞれご紹介しちゃいます。

 

わらびもち小箱 650円

f:id:yazuya36:20190422122016j:image

 

予めきな粉がたっぷりかかっていますが、更にお代わりきな粉入り。食べる直前に冷蔵庫に入れるようにとの記載。

f:id:yazuya36:20190422122013j:image

口に入れて驚き!

『と、溶けた…。』

もちもちプルンプルンの餅は噛む必要がないほどに柔らかく、まるで溶けるような食感。きな粉もふわっと香りがあり、もちの食感を引き立てます。上品な味とはこういうこと。美味しさの秘密は、機会を一切使わないオール手作りのにあるそうです。

 

醸まん 3つ  450円

f:id:yazuya36:20190422122005j:image

醸まんとは、酒まんじゅうとのこと。こちらは1日に作られる個数がきまっているのか、わらびもちより早く売り切れる大人気のお饅頭です。

f:id:yazuya36:20190422122020j:image

皮の風味はまるで高級甘酒!!皮を酒に浸したかのように、しっかりと酒の味がします。それもそのはず、水を一切使わずに吟醸酒で練られた皮だそう。そして中には餡子がびっしり。

でも甘さひかえめなので全くしつこくない。

 

わらびまんじゅう 3つ 510円

f:id:yazuya36:20190422124148j:image

こちらは冷蔵庫でよく冷やしていただきました。1個が大きめ。あのよく溶けるわらびもちの皮に、たっぷり餡子。そこにきな粉がふんだんにかかっているのですから美味しいに決まっています。

 

今までに食べたことがないほどの上品な和スイーツでした。12〜5月限定でいちごわらびもちも登場します。

実は全ての和菓子の賞味期限が1〜2日と短いのであまりお土産には適さないのですが、、

それならわざわざ行く価値が十分にあるお店です!!

山形観光の際には是非一度わらびもちで感動してみてください!!最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

腰掛庵

山形県天童市北目1-6-11

023-654-8056

営業時間9:30〜17:00

月曜日定休

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村