yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

福島県郡山【ふくしま逢瀬ワイナリー】行く時期きをつけて!?


スポンサードリンク

福島県郡山市逢瀬町より【ふくしま逢瀬ワイナリー】のご紹介です。ふくしま逢瀬ワイナリーは、地元農家の復興支援を目的に、三菱商事の復興支援団体が運営するワイナリーです。

まだ生産量が少なくワインが市場に出回っていないため、その貴重なワインを求めてワイナリーに車を走らせます。郡山市街地から車で20分、猪苗代湖東側からも車で20分程の、長閑な場所に位置しています。

2015年に完成した建物はモダン&スタイリッシュ。敷地の芝生も綺麗にかられていてゴミ一つ落ちていません。

f:id:yazuya36:20190407182254j:image 

雪解け直後の福島県、シーズンではないので敷地内のブドウ畑にブドウはなっていませんでした。
f:id:yazuya36:20190407182239j:image

エントランスの装飾がシンプルだけど可愛い!
f:id:yazuya36:20190407182242j:image

建物だけで1,400平米あるそうですが、見学スペースはとてもこじんまりとしていました。奥には醸造樽やタンクがずらりと並びます。
f:id:yazuya36:20190407182249j:image

まるでバーカウンターのようなカフェでは、有料試飲の他コーヒーやジュースをいただくことができるようです。もっと飲食スペースを増やして、軽食に力を入れれば良いのに〜と思ってみたり。

お土産コーナーにはワインの他、ワインバッグやコースターなどの小物、加工食料品などが売られていました。
f:id:yazuya36:20190407182246j:image

しかし時期が悪かった…非常に悪かった…。

まだ販売量が少ないこともあり、昨年収穫分で作られたワインは赤白共に完売

お酒はロゼとブドウ以外の果物を使ったシードルのみの販売だったのです。

甘みを楽しむようなロゼやシードルは好まず、ガツンと辛口の赤や白ワインが好きな我が家。何も買わずに退散してしまいました。。

よってワインのレポは出来ず。。ただ、ワインラベルが近代的なデザインですごく素敵でした。またリベンジします。

 

フルーツ王国福島ですからワインは旨いに違いありません。とにかく、これからのさらなる成長が楽しみなワイナリーです。また、福島県では2019年5月1日に新鶴ワイナリーがOPEN。こちらも行かねば!!

ふくしま逢瀬ワイナリー

福島県郡山市逢瀬町多田野字郷士郷士2番地
 10:00〜16:00(月曜定休)

http://ousewinery.jp/(HPサイトから一部商品購入可能)

 

何も買わずに帰るのは不完全燃焼だったので、郡山駅周辺を散策。福島県の中心地に位置する郡山駅周辺には、名高いホテルや企業が多くあり、賑やかな街です。

駅から続く商店街では、福島県銘菓の本店が軒を連ねています。

 

日本三大饅頭の柏屋本店

柏屋 本店

福島県郡山市中町11-8

営業時間 10:00〜19:00

f:id:yazuya36:20190407182346j:image

 

 

ままどおるでお馴染みの三万石本店

三万石 本店

福島県郡山市駅前2-2-13

営業時間 8:30〜20:00
f:id:yazuya36:20190407182343j:image

 

駅舎内のおみやげ館にも店舗はありますが、本店で買うことに価値ありと敢えて本店まで行く観光客も多くいます。試食を楽しみつつ、柏屋お饅頭とままどおるの定番商品をゲットしました。おまけも付けてくれるのが嬉しい。

郡山観光の参考にしていただければ幸いです。

【ふくしま逢瀬ワイナリー】はリベンジ後詳しくレポします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

★過去福島記事★

www.yazuya-blog.work

www.yazuya-blog.work

www.yazuya-blog.work

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村