yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

山形 パン好き必見【たいようパン】工場直売所


スポンサードリンク

山形県置賜郡高畠町より【たいようパン直売所】のご紹介です。

【たいようパン】は昭和23年創業、山形県民なら誰もが知るパンメーカー。県内スーパーのパンコーナーには【たいようパン】のパンがズラリと並びます。ふわふわというよりは、密度が濃いズッシリ系のパンが多いのが特徴。しかも一個一個のパンがとっっても大きいのです!!

 

そんな【たいようパン】が、本社工場の敷地に水曜日と土日の週3日だけ直売所をオープンさせています

訪れたのは5回目くらい。笑

f:id:yazuya36:20190415190346j:image

オープン前からどんどん車が入っていきます。県外ナンバーもたくさん!それもそのはず、直売所では普段スーパーには並んでいないプレミアムなパンも手に入るのです。

店内には様々なパンが所狭しと並べられています。唯一の平日営業日である水曜日には、試食パンが出ていることも。

f:id:yazuya36:20190415190352j:image

たいようパンの看板商品であるベタチョコは、殆どのお客さんがカゴに入れる人気もの。

f:id:yazuya36:20190415190355j:image

ベタチョコとは、ぱっくり開いたコッペパンに様々はお味のチョコをぶ厚く塗った菓子パンで、たいようパンの超ロングセラー商品。工場直売所だけあり、普段スーパーでは見かけないフレーバーもあります。

 

こちらは惣菜パンコーナーf:id:yazuya36:20190415190359j:image

大分大きめのコッペパンに、はみ出すほど具材が入っています。一個500円ですが、相当お腹いっぱいになりますよ。

ウインナーの太さ、並みじゃない!!

人気No.1は、さつまいも、栗、豆がゴロゴロ入った【和ごころ】重量が半端じゃない。

f:id:yazuya36:20190415194851j:image

焼くと更に素材の風味が増します。チーズバージョンもおススメです。 

 

さて、今回の戦利品?はこちら。

f:id:yazuya36:20190415195047j:image

これだけ買って1000円でお釣りがきました!

 

甘いの好きにたまらない、コッペパンにカステラと生クリームが挟まっちゃってるというカステラパン

f:id:yazuya36:20190415190349j:image

大きさが伝わらないのが悔しいですが、半分に切ってようやく男性の握りこぶしくらい。

 

クリームパンナちゃんもビックリ!?パン部分よりクリームの面積が多いクリームパン

f:id:yazuya36:20190416123355j:image

クリームを噛むって初めて!まるでクリームを食べてるみたい!

 

近年流行している、お湯でこねた湯ごねパン。たいようパンの湯ごねパンは、高級ホテルでの朝食に出てきそうな絶品

f:id:yazuya36:20190416123844j:image

厚切りスライスでいただくのがおススメです!

 

写真を失念した超ロングなチーズカットは、マヨネーズとチーズという間違えのない組み合わせの柔らかパン。シチューを煮込んで、お食事パンとしていただきました。

 

如何でしたか?

パン好きなら必見の、たいようパン!2019/4/13、東北自動車道開通で北からも南からもアクセスしやすくなった山形県南陽市赤湯ICを降りて5分かからない場所にあります。

東北旅行の際には是非行ってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

たいようパン

山形県東置賜郡高畠町大字深沼2859

直売所は水土日のみの営業

9:00〜売り切れ次第終了

http://www.taiyopan.com/index.html

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村