yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

【タイガーエア台湾 搭乗記】仙台国際空港→台湾桃園国際空港


スポンサードリンク

台湾のLCCTiger Air 台湾(タイガーエア台湾)】搭乗記!!日本国内の複数の空港から台湾への往復便を飛ばしているタイガーエア台湾。今回は仙台国際空港から往路のみ利用しました。

f:id:yazuya36:20190815120235j:image

 

搭乗の日、ちょうど台湾には大型の台風9号が上陸していました。ほかの航空会社が次々と欠航や遅延を決める中、タイガーエア台湾は予定通り運航。台風慣れしているため比較的台風に強い航空会社だと聞いた事がありますが、噂は本当かも!?

詳細はこちら ↓

www.yazuya-blog.work

 

 

タイガーエア台湾のHPではリアルタイムで運航状況を確認する事ができますが、facebookでも一覧にて欠航情報が掲載されるので便利です。

f:id:yazuya36:20190815122001j:image

 

 

出発の3時間前、仙台国際空港到着。

搭乗の2時間半前からタイガーエアのチェックインカウンターが開きました。

国際線の発着便が少ない仙台国際空港では、タイガーエアの専用カウンターがないため、JALのカウンターを間借りしており、対応もJALスタッフが行なっていました。

仙台国際空港発着便の詳細はこちら↓

www.yazuya-blog.work

 

入国審査は1時間半前にゲートが開くので、しばし空港内で時間を潰します。

 

仙台駅ほどではないものの、お土産コーナーには東北グルメが揃っていて中々の充実度。
f:id:yazuya36:20190815115729j:image
 

七夕まつりにちなんだ飾り付けが可愛らしい。レストラン街がある3階からは空港全体がよく見渡せます。人間観察が好きならここで時間を過ごすのも良いかもしれません。笑

f:id:yazuya36:20190815115811j:image

 

私は1階にあるみちのくラウンジがお気に入り。ラウンジと名がついていても、チェーン店【PRONTO】なのですが、コンセントがある上にソファ席も充実していてのんびり過ごす事ができます。

仙台国際空港の国際線搭乗口には航空会社ラウンジがなく、免税店もかなり小さいお店が1店舗のみなので、ギリギリまで搭乗口に行かないのがベター。
f:id:yazuya36:20190815115740j:image

 

タイガーエアでは、機内持ち込み荷物2つまで、合わせて10キロまでの重さであれば、追加料金がかかりません。

3泊程度の台湾旅行であれば、ヘアアイロンや化粧品を入れても6キロ程度なので余裕です。

f:id:yazuya36:20190815115742j:image

海外旅行のお供はいつもこのマリメッコリュック。ペットボトルとガイドブックを入れても超余裕の収納力が魅力。軽くてフィットするので肩こりしないのも気に入っています。


マリメッコ リュック バディ おしゃれ かわいい 大容量 プレゼント ギフト marimekko buddy 026994 046432 【marquee】

 

ガラガラの出国審査、ガラガラの荷物検査、そしてガラガラの免税店を通り、いよいよ搭乗します!!
f:id:yazuya36:20190815115752j:image

 

シートは3・3の2列。

革のシートにタイガーエアのキャラクター【クロロ】のヘッドカバー。モニター画面はありません。

f:id:yazuya36:20190815115732j:image

 

足元はやはり狭め。

160cmの私が姿勢を正して座れば空間に余裕が出来ますが、足を組むと少し窮屈だと感じます。シートピット74cmなので日本のLCCと同じ広さですね。

足元が広くなる1列目は+2,800円、非常口横は+1,300円の座席指定料金がかかります。タイガーエアのHPは日本語表記になるので、手続きは簡単に行う事ができます。

f:id:yazuya36:20190815115756j:image

 

タイガーエア日本発着便には日本語が話せるスタッフが必ず乗っているとのことですが、この便の客室乗務員は片言+α程度。申し訳ないですが、機内の日本語放送は発音が悪すぎて何を言っているか全然分かりませんでした。でもそれもまた海外旅行気分を味わせてくれて嫌じゃない。笑

 

でも皆さんニコニコテキパキと動いていて、とっても感じが良かったです。雑誌を読んでいたらそっと間接照明を付けてくれました。

パンツスタイルに虎柄のウエストベルトというカジュアルな制服も個人的に好き。

 

今回機内食は注文しませんでしたが、美味しそうな台湾フードの種類の豊富さに驚き!夜の便だったこともあり、頼んでいる人は少なかったかな。
f:id:yazuya36:20190815115745j:image

 

機内には一切の無料アメニティ類はありません。エチケット袋すらもなかったので酔いやすい人はビニールを持参しましょう。

 

 

仙台から台湾まで約3時間半のフライト、台風の影響で離陸は大きく揺れましたが、全体的には快適な空の旅でした。

サービス・料金共に日本のLCCと大きく異なる事はありませんので、機内から台湾気分を味わうことができるタイガーエア台湾のフライトもオススメです!!