yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

韓国感あふれる道の駅@山形県【道の駅とざわ】


スポンサードリンク

山形県の北部、最上地方に位置する戸沢村

人口4,000人ほどの小さな村で、日本の国民健康保険発祥の地として名前が知られています。長閑な田園田畑、雄大に流れる最上川、四季により色を変える広大な山々、実に日本の田舎らしい風景が広がる村です。
f:id:yazuya36:20191103115414j:image

さて、道の駅といえば、その土地の特産品や伝統工芸品を売る地元感溢れる観光施設ですが、ここ戸沢村の道の駅はちょっと…いや、大分異なります。
山形感は一切なく、まるで韓国旅行に来たと錯覚するほどに韓国感溢れる施設なのです。それでは早速見ていきましょう。

 

大型店舗も車通りも殆どない国道を走ると、突如赤を基調とした異国感溢れる施設が見えてきます。遠めだとお寺や神社のようにも見えますが、あちらこちらに【キムチ】や【チーズハットグ】ののぼりが…。
f:id:yazuya36:20191103115401j:image

道の駅とは思えない程の広さがある敷地は、芝生が綺麗に整備されています。敷地内をぐるっと散歩できるようになっていますが、階段や坂道が多くバリアフリーとは言い難い歩道。でも丘の上まであがれば、最上川戸沢村大自然を一望する事ができます。

f:id:yazuya36:20191103115354j:plain

 

その階段にも日本のものとはちょっと異なる彫刻が施されています。何度か韓国旅行に行ったことがありますが、韓国の寺院はまさにこんな雰囲気だったと思います。
f:id:yazuya36:20191103115403j:image

 

メインの建物内にある物産館に入ります。

ちょっとなまった日本語で『いらっしゃいませ~』と明るい声が飛び交います。店員さんも韓国人のようですね。店内のBGMも、道の駅によくあるオルゴールの音色なんかではなく、がっつり韓国ミュージックが流れています。

照明の問題?窓が少ないから?ちょっと店内が暗いのが残念。

f:id:yazuya36:20191103115412j:plain


売られているものはもちろん韓国の品々。山形県といえば美食美酒で有名ですが、【made in 山形】のものは殆どありません。

 

山形はブドウ・さくらんぼ・ラフランスとフルーツも有名ですから、山形県の他の道の駅のドリンクコーナーには必ず山形産フルーツジュースが陳列されているのですが、ここのドリンクコーナーに並ぶのは謎のドリンク

高麗人参ジュース…でしょうか。身体によさそうだけど美味しそうとは言い難い感じがします。
f:id:yazuya36:20191103115351j:image

 

【山形】の文字が印字されたものを発見しました。

何々?戸沢流冷麺?そば・ラーメンは山形の名物ですが、冷麺は盛岡のイメージ。

韓国ちなんだ商品を新たに名物として開発したのでしょうか。
f:id:yazuya36:20191109100240j:image

 

他にはK-POPアイドルのグッズがずらりと並ぶコーナーがありました。

なかなかのイケメン揃いに見入ってしまい、写真撮り忘れ。笑

 

物産館の2階と別館の2箇所に韓国料理をいただけるレストランがあります。

物産館の2階は営業時間外。そして別館は、何やら複数の韓国人達が店員さんも交えて大盛り上がりしていたので入る勇気を持てず。笑 その自由な商売雰囲気すらも韓国らしくて好感度は◎です。

ビビンバ・チヂミ・プルコギ等美味しそうなメニューが並んでいましたよ。

 

日本の狛犬よりやや面長な狛犬に別れを告げ、道の駅戸沢を後にしました。

車に乗って現実に帰りましたが、完全に韓国旅行をしている錯覚に陥っていました。

f:id:yazuya36:20191103115409j:plain

 

道の駅戸沢は別名【モモカミの里 高麗館】と名付けられています。

【モモカミ】はアイヌ語を元に造られた造語で、山形県最上地方の【最上】とのゴロ合わせもあるようです。そして【高麗館】の名のように、どうして戸沢村に韓国風道の駅ができたのでしょうか。

 

一つには韓国との文化交流を深め、戸沢村が日韓友好の村として知られるようためという理由があるのだそう。そしてもう一つ、戸沢村の嫁不足のために韓国に対して嫁募集をした過去から、この村に韓国人妻が多く居住していることも理由のようです。

実際に戸沢村では、道の駅とざわ以外の様々な施設で韓国人女性が働く姿をよく見かけます。

 

何度もメディアに紹介され、また道の駅ファンがその珍しさからわざわざ訪れる事も多く、これからますます戸沢村の観光施設として賑わいを見せてくれる事に期待します。

最上川の舟下りとあわせて観光するのがおススメです!

 

 

道の駅戸沢(モモカミの里 高麗館)

〒999-6402 山形県最上郡戸沢村大字蔵岡字黒渕3008-1 0232-72-3303

モモカミの里 高麗館/道の駅とざわ 【公式ホームページ】|山形県戸沢村