yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

山形ご当地グルメ 代表格【玉こんにゃく】【芋煮】


スポンサードリンク

山形県ご当地グルメ【玉こんにゃく】&【いも煮】のご紹介です。

山形県といえばさくらんぼやブランド牛のイメージですが、山形県民大好きフード【玉こんにゃく】&【いも煮】も忘れちゃいけない絶品ご当地グルメなのです。

玉こんにゃく

たかがこんにゃく…と思ったら大間違え!!本場山形県の玉こんにゃくは味がしみしみで、お酒のお供にもオカズにもオヤツにもなる万能フードなのです。県内のスーパーには玉こんにゃくがずらりと並びます。しかも1パックの量がすごい!

f:id:yazuya36:20190409120607j:image

ネットで作り方を学び、一度家でも煮込んでみましたが味の染みが弱い…。それもそのはず、美味しいお店の玉こんにゃくはまる2日程煮込んでいるんだとか。県内の旅館ではウェルカムドリンクならぬ、ウェルカム玉こんにゃくが出されるところが多くあります。写真は小野川温泉【河鹿荘】の玉こんにゃく。

f:id:yazuya36:20190409123534j:image

また、道の駅や山寺などの主要観光地では必ずと言って良いほど玉こんにゃくが売られています。お値段一本100円程度と胃にもお財布にも優しい。写真は【蔵王山頂】のもの。
f:id:yazuya36:20190409123530j:image

冬の厳しい寒さの中、熱々に少ーし辛子をつけていただく玉こんにゃくはたまりません。また、県内のお土産処には味が予めついた温めるだけの玉こんにゃくが500円程度で売られており、お手軽でお土産に最適です。

いも煮

山形県民の秋のイベントといえば【芋煮会。学校、会社、またご近所で、ありとあらゆる組織で芋煮会が行われ、河原が賑わいます。ショベルカーを使い超巨大な鍋で作る、ギネス記録を保持しているいも煮も有名ですね。

秋になるとスーパーにはいも煮用の芋、ネギ、牛肉が大量に並ぶ他、芋煮用のデカ鍋やコンロを貸し出すお店が多数。

シーズンになると居酒屋さんでも芋煮を注文できるお店が出てきます。おつまみとしていただいたあと、うどんを入れて〆るのが最高!!カレールーを溶かす場合もあります。

煮込む前はこんな感じ。里芋は沈んでいます。たっぷりネギはお決まりですが、お豆腐が入っているところは珍しいかも。

f:id:yazuya36:20190409124404j:image

待つこと数分。里芋たちも浮いてきました。

東北らしい甘みが強いタレです。酒とみりんと醤油というシンプルな味付けにもかかわらず、大量に作るためそれぞれの具材から出汁が出ていてるのです。 

f:id:yazuya36:20190409120616j:image

こちらは芋煮会で振舞われたもの。超具沢山でボリューム満点!!
f:id:yazuya36:20190409120613j:image

いも煮もまた、お土産用がよく売られていますが、市販のものは出来立ての旨味がどうしても足りない。そこでおススメはレトルトのいも煮カレー。〆のいも煮カレーがよく再現されています。

 

如何でしたか?山形旅行の際は【玉こんにゃく】と【いも煮】は外さずに召し上がってみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

☆他山形グルメ記事☆

www.yazuya-blog.work


 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村