yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

頑張れ!山形ラスクの名店【シベール】


スポンサードリンク

ラスクで有名な山形県の菓子製造販売会社【シベール】。県内の物産館や道の駅など至る所でシベールのラスクを購入することができますが、本社と工場がある【シベールファクトリーメゾン】はただラスクを購入できるだけではなく、山形観光で立ち寄りたい楽しくて美味しいスポットの1つ。早速、シベールとシベールファクトリーメゾンについてご紹介します。

f:id:yazuya36:20190610213607j:image

 

シベール

シベールの創業は1966年。可愛いウサギのパッケージが印象的な、山形県を代表するメーカーです。主力商品のラスクで一躍有名となり、上場も果たしましたが、2019年1月に民事再生法の適用を申請する事となってしまいました。2019年6月には山梨県の会社ASフーズに全事業を譲渡し、新株式会社シベールとして生まれ変わったばかりです。今の所目に見える事業改革はありません。

山形県民にとって手土産やオヤツの定番となっているシベールのラスク。一連のニュースは大きな衝撃でした。個人的には最終的に他県の会社に譲渡されてしまったことが残念ではありますが、今後も山形が誇る菓子メーカーとして頑張ってもらいたいと思っています。頑張れ!シベール!!

シベールファクトリーメゾン

蔵王山の麓にあるシベールファクトリーでは、ラスクをつくる工場の見学がなんと無料!10:00〜15:00の間であれば予約不要でいつでも見学可能です。(団体は要予約)

ラスクが作られる工程をガラス越しに自由に見ることができ、お子様も大人も楽しめるスポット。大量に流れてくるラスク達に見入ってしまいます。
f:id:yazuya36:20190610122254j:image

工場と向かい合うように建てられた可愛らしいオレンジ色の建物には、ラスクはもちろん、ケーキなどの生菓子も売られているお土産コーナーの他、カフェとベーカリーが入っています。カフェもベーカリーもいつも地元客で賑わっており、シベールがラスクだけではないことを物語っています。
f:id:yazuya36:20190610122250j:image

カフェ&ベーカリー

天井が高く、大きな窓があるカフェは明るく開放感抜群。ゆったりとした時間を過ごすことができます。外にはテラス席があり、リードフックが備え付けられており、ワンコ連れもウェルカム。

f:id:yazuya36:20190611123605j:image

カフェメニューはパスタやピザなどのイタリアンが中心。また、デザートメニューも充実しているので軽食だけでも気軽に立ち寄ることも出来ます。

一品一品丁寧に作られたお食事はボリューム十分。お味は何を食べても本格イタリアンレストランのようなクオリティで、レストラン業でもっと店舗拡大に力を入れても流行りそう。テイクアウトも出来るピザは無料でハート形に焼いてもらうこともでき、誕生日会に最適!

写真は山形県庄内産のベーコンが用いられたペペロンチーノ900円。プラス399円でサラダとドリンクを付けられます。

f:id:yazuya36:20190610122352j:image

何種類ものパンがズラリと並ぶベーカリーには、次から次へと焼きたてパンが運ばれてきます。お値段もお手頃なものが多く、大量にパンを買っていくお客さんが殆ど。ベーカリーももっと店舗展開をしていけば絶対流行るのになぁ〜。パンに並んでおススメなのが、手作りの無添加ジャム。1つ599円で、イチゴ、ブルーベリー、桃の3種類のお味があります。イチゴは特に人気でよく売り切れてしまっているので早めにゲットしてください。

f:id:yazuya36:20190610212946j:image

シベールのラスクって美味しいの?

シベールが実はラスクだけじゃない事は充分におわかりいただけたかと思いますが、やはりラスクの印象が強いところ。民事再生手続きを開始する事となった記者会見で、社長が『ライバルがあがっても我が社のラスクが一番と思い込みがあった。』と述べたほどの商品です。2018年にはモンドセレクション受賞をも果たしています。山形県民としてもシベールってラスク以外どんなお菓子出してたっけ?と思うほどとにかくラスク推し。

シベールのラスクはそれ程までに美味しいのか?答えは…はい!美味しいです!!シュー皮を使用していたり、チョコレートのコーティングがされていたりと高級志向のラスクが続々と登場する中、シベールのラスクは超シンプル。バターやグラニュー糖など、素材本来の味を楽しむことができます。甘さが程よく、硬すぎないサクサク感が楽しい。プレーンの他、ガーリック、さくらんぼ、チョコレートなどのフレーバーがあり、店舗で試食が出来るのでお好みを見つけてみてください。

 

おわりに

いかがでしたか?山形県民が再生を願っているシベール。山形観光の際は、是非シベールファクトリーで山形グルメを楽しんでいただき、お土産には定番ラスクを購入してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

シベールファクトリー

山形県山形市蔵王松ケ丘2-1-3

営業時間9:00〜19:00(カフェ11:00〜20:30)

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村