yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

イタリア高速鉄道【italo 】ラウンジ利用とClub乗車記録


スポンサードリンク

イタリアの高速鉄道.italo(イタロ)に乗車した記録について。ローマテルミニ駅のイタロラウンジを利用し、ローマ→ベネチアまで約3時間半の列車の旅です。

 

チケット購入はHPで

公式HPから直接チケット購入。購入方法は多くの方がブログで書かれているので割愛しますが、そういったブログを参考にしつつ英語レベル中級の私でも簡単に買うことができましたよ。当初、楽をしようと日本の旅行代理店経由でチケット購入しようかと思っていましたが、席が選べられない上に通常の3倍近い料金を提示されましたので断念…。公式HPではタイムセールでお得なチケットが出ていることもあり、席も選び放題なので、絶対にHPから購入することをオススメします。

 

イタロ ラウンジ

乗車クラスは3段階で、上からクラブ(Club)・プリマ(Prima)・スマート(Smart)となっています。HPで最上級のクラブ(Club)がちょうどお買い得だったので、迷わず選択。旅行会社に提示されていたスマート(Smart)席の料金よりも安いってどうゆう事!?

クラブ席の乗客は、チケットを見せれば主要駅に設置されているイタロラウンジを無料で利用することができます。ローマテルミニ駅のイタロラウンジは改札近くのとても分かりやすい場所にありました。

f:id:yazuya36:20190115094757j:image

私たち以外の利用客は1組のみ。空港ラウンジのような高級感はありませんが、イタロのイメージカラーである赤を基調とした明るい落ち着ける空間です。

f:id:yazuya36:20190115094831j:image

充電環境、OK。f:id:yazuya36:20190115094740j:image

Wi-Fi環境、OK。速さも問題なし。

f:id:yazuya36:20190115094804j:image

そして嬉しいことに、軽食、お菓子、ソフトドリンクが食べ飲み放題!!この日食べた生ハムのサンドイッチ、硬めのパンに柔らかい生ハムが沢山挟まってて美味しかった〜。お菓子は電車でいただくことに。

f:id:yazuya36:20190115094754j:image

 

いよいよ乗車!

乗車時間の5分前にホームに行くと既に列車が到着していました。真っ赤なボディーがカッコいい!!

f:id:yazuya36:20190115094828j:image

 

ローマテルミニ駅で乗車する場合、先頭車両に位置するクラブ(Club)車両は、改札から最も遠く、早めにホームにスタンバイした方がよさそうです。

f:id:yazuya36:20190115094824j:image

クラブ(Club)席は立派な皮のシート。

4人掛けシート、2人掛けシート、4人用の個室シートまであります。予約時、個室も選ぶことができましたが、4人用に2人で取ったら申し訳ないなと思い遠慮し、向かい合わせの2人掛けシートを選択しました。

f:id:yazuya36:20190115094801j:image

クラブ(Club)席のみ、専用荷物置き場があり、この車両には他のクラスの乗客は入ってこないので安心して置いておくことができます。
f:id:yazuya36:20190115094821j:image

 

充電、OK。

Wi-Fiもとんでいたようですが、弱すぎて全然使い物にならず。
f:id:yazuya36:20190115094913j:image

 

乗車中、3回ワゴンが回ってきました。

お菓子、ソフトドリンク、スパークリングワイン(ミニミニボトル)が何杯でも無料でいただけます。結構列車が揺れるのでワインの瓶の転倒が怖かった。。。

f:id:yazuya36:20190115094744j:image

 

1つ下のプリマ(Prima)席も十分快適そうでした。2人で横並びにて座りたい方はこちらが良いですね。

f:id:yazuya36:20190115094818j:image

 

車窓からはずーっとのどかな風景が広がっていて、羊や牛探しに夢中になりました。f:id:yazuya36:20190115094751j:image

 

殆ど定刻国通り、ベネチアサンタルチア駅に到着。

f:id:yazuya36:20190115094747j:image

 

おわりに

如何でしたか?イタロ利用でイタリアの主要都市移動をする際、是非参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。