yazuyaの東北紹介

山形県在住です。山形県を中心とした東北の魅力や美味しいものを、定番から地元ならではの名所までご紹介していきます。愛犬2キロのチワワも時々登場!!

【peach】航空券 氏名間違えで予約をしてしまった!!


スポンサードリンク

peach(ピーチ)航空券 氏名 スペル 間違え』などと焦って検索をしてこのブログを訪問して下さった方、おめでとうございます!!笑

ピーチは名前の入力間違えをしても無料で訂正が可能です。(2019年8月現在)

f:id:yazuya36:20190814171915j:image

 

飛行機搭乗の氏名入力間違え

国際線の飛行機に搭乗する際、氏名のスペルは姓名共にパスポートと完全に一致していなければなりません。

氏名が違っていると飛行機に原則搭乗が出来ないため、もし打ち間違えてしまった場合は必ず訂正する必要があります。

f:id:yazuya36:20190813212644p:image

 

そもそも訂正する事が出来ない航空会社も多くあり、せっかく予約した航空券を一度キャンセルをして再度航空券を取り直しになる場合も…。


訂正できる場合でも手数料を取る航空会社が多く、一字訂正につきいくらという料金制度になっていたり、3,000円〜5,000円の手数料を取られたりします。

 

peachの場合

今回私がやらかしてしまったのが、姓名がまるごとひっくり返ってしまっているというミス。

f:id:yazuya36:20190813212309p:image

 

ローマ字入力なので当然『名』から入力するものだと思っていたら、peachのHPは『姓』から入力するものだったようです。


誤りに気付いたのはとっくに決済を終えた搭乗当日!!

それはそれは大慌てでpeachのコンタクトセンター(カスタマーセンター)に電話しました。ローマ字にすると15字もある自分の名前に嘆きながら...笑


繋がらないナビダイヤルを待つ6分の長い事。繰り返される音楽に苛々…。ようやく繋がったオペレーターに平静を装って事情を話すと、

「畏まりました。このお電話で変更しておきます。」

とまぁあっさり!!

聞けば手数料もかからないとのこと。


ピーーーーーチ!!ファンになりそうです。

 

バーコードリーダーはそのまま

peachのHPから直接チケットを購入した場合、予約画面のバーコードリーダーを印刷するか、または携帯電話でそのバーコードリーダー画面をすぐに出せるようにしておく必要があります。


バーコードリーダーの下には氏名が印刷されており、当然誤った(逆転した)氏名が記載されているため、修正後新たなバーコードリーダーが送られてくるものだと思いきや…


「そのまま元のバーコードリーダーをご利用いただけます。」とオペレーター。

 

ピーーーーーチ!!もうファンです!!

f:id:yazuya36:20190814171939j:image

 

おわりに

航空券の氏名スペルは、間違えないように確実に入力する事が基本です。(お前が言うなよと言わないでください…)


万が一間違えてしまった場合には、すぐに航空会社のカスタマーセンター、旅行代理店を通した予約の場合は代理店に連絡しましょう。

peachの場合はたまたま無料で修正ができましたが(2019年8月現在)、他航空会社は手数料がかかる場合があります。

peachさん、ありがとうございました!!

 

peachコンタクトセンター

0570-001-292(9:00〜18:00 年中無休)